大学生活終わるので革グツ買う

およそ大学生らしいことを何もなさぬまま大学生活が終わろうとしている。大学生活の四年間は矢のごとく過ぎていくとよく言うけれど、ぼくがピンと引き絞った弓は感動的な卒業という幸福なリンゴに突き刺さるはずがズドンと息子に突き刺さり息の根を止めた。…

分解して考えるファッション

ものごとを分解して考える力いわゆる分解能があまりにも欠如していてそのせいですべてにおいて小さくまとまった人間になってしまったのだと思う。 なにごとにおいても分解能に秀でた者がプロフェッショナルになるのが世の常であり凡人の分解能しか持たぬ者は…

栗野クライシス

20151130 男性服より女性服の方が着ていて何だか楽しそうだしバリエーションも豊富でワクワクするなあということは、ぼくが指摘するまでもなく世の中の誰もがまあ、大体は思っていることだと思う。 ぼくは幼少期、西森博之の「天使な小生意気」を読んで女体…